2015年7月1日水曜日

Apple Musicの使い勝手

※ このブログはApple Musicサービス開始直後のもので、今後サービスが向上する可能性が高いです

日本時間の2015年7月1日0時についにサービス開始したApple Music。
サービス面も含めた広義な意味でのUXについて書こうと思います。


アーティストの紐付けがいまいち


マイミュージックからアーティストを選択して「すべて」をタップするとApple Musicの曲がみれます。



そこから「もんだいガール」をマイミュージックに追加しようとしても追加でいませんでした。
マイミュージックに曲が追加できないバグかと思っていましたが、残念なことにアーティスト名が「Kyari Pamyu Pamyu」として追加されていました。

また、アーティストをIDではなく文字列で管理しているためか「LiSA」にはLiSA違いが沢山表示されています。


今後整理される可能性が高いですが、サービス開始前に人気のアーティストぐらいは人力で整理しておいてほしかったです。

※この問題はiTunes Storeでもあるようです

最新のJ-POPやアニソンが少ない


三代目J SOUL BROTHERS、西野カナ、SEKAI NO OWARI、ゲスの極み乙女などの人気アーティストの最新曲やアニソンが圧倒的に少ないです。
そこはダウンロード販売と補完し合う形になるのかもしれません。


Apple Musicは日本で流行るのか?


最新のJ-POPやアニソン、ボカロ曲が聴きたいという日本で1番沢山いそうな層には今のところApple Musicはささらなそうです。
作業用BGMとして使うのにはよさそうですが、その場合はAWAのほうが使い勝手がよさそう。
今のところは最新のJ-POP、アニソン、ボカロ曲が豊富で無料のYouTubeに軍配が上がります。